大人のやり直し英語学習情報館

【英文多読についてのよくある質問】お金をかけずに英文多読本をするには?

やり直しEnglishチャレンジャーのTomokoです♪

「英文多読」のキーワードdで私のブログを訪問してくれている方が増えてきました。

それにともなって実は英文多読についての質問が増えてきています。

tomoko
tomoko
問い合わせをわざわざしてくれた皆さん、ありがとうございます♪
ぺん太郎
ぺん太郎
もらった質問って、他の人も実は聞いてみたいコトじゃないの?

そうなんです!
問い合わせの内容は実は同じようなものが多く、もしかしたら…他の人にもお伝えしたほうがいいと思いました。

よくある質問をしばらくシリーズで記事にまとめることにしました!

そもそも英文多読とは?

よくある質問の前に、そもそも英文多読って?という方のために簡単におさらいしておきましょう。

英文多読とは、英文をたくさん読んでいく英語学習方法の1つです。

ルールはいたってシンプルな3つのみ。

・辞書は引かない
・分からないところはとばす
・楽しめない本はやめる

自分が好きな内容を、とにかくたくさん読んでいくというスタイルです。

詳細については以前書いた記事を読んでみてくださいね。

ではここから、本日の本題に入ります。

お金をかけずに英文多読をする方法はありますか?

お金をかけずに…といったキーワードの質問は、よくもらいます。

英文多読を始めようとする人が一番気にするのが、英文多読用の本である語彙制限本(Graded readerとも呼びます)を買うお金。

「多読」ですから、とにかくたくさん読めば読むほど力がつきます。

いったいどれくらいお金をかければいいの?と不安に感じるのも当然です。

近くに多読本を置いている図書館がないからどうしたらいいか?という質問もいただきますが、要するにこれもお金をかけたくない気持ちがこもっていますから同じ質問と言えるでしょう。

ぺん太郎
ぺん太郎
覚悟決めて購入するが答えだと思うケド?

効率よく多読学習を進めるなら、語彙制限本をある程度まとめて購入するのも1つの手です。

Tomokoは600冊程度の語彙制限本を読みましたが、全部購入したわけではありません。

実践してきた方法を含めて、なるべく安く英文多読を実践するヒントを紹介します♪

図書館利用がベスト

一番おススメなのは、近隣の図書館で多読制限本を借りる方法です。

多読コーナーがある図書館を調べたいときはココで調べてみるといいです。

tomoko
tomoko
図書館というのはなにも市町村の図書館ばかりではありません。

例えば大学の図書館。

実はここは意外と穴場です!

語彙制限本を取り揃えている大学図書館もあるので、近くに大学がある方は一度調べてみる価値ありますよ!

図書館が一番いいのは分かったけど、とにかく近くにないよ!と感じる方もいらっしゃることでしょう。

図書館の相互利用サービスというものがあります。

これはいつも利用する図書館では蔵書していなくても他の図書館に蔵書がありそれを借りられるサービスです。

多読学習をしている方はよくこのサービスを利用していますよ。

図書館は自分が住む都市以外の都市でも貸出カードを作ってもらえる施設があります。

なので自分が住む地域の図書館に多読本がなくても、近隣都市の図書館を調べてみましょう。

例えば…働いている方ならば勤務先のあるエリアはどうでしょうか?

相互利用サービスはやはり中身を確認せずに借りるので、ちょっとその点がデメリットといえます。

図書館で申し込み用紙を記入したりと手続きが必要なので、気軽に借りることができないのもデメリットと言えるでしょう。

「近く」にない場合は、この「近く」という点を諦めてみると、いいかもしれません。

各県には県立図書館という立派な施設があります。

大規模図書館なら英文多読用のコーナーもあるのではないでしょうか。

施設によって異なるかもしれませんが、5冊程度を2週間借りられるはずです。

英文多読初心者ならば2週間で5冊もあれば、十分な量です。

私は英文多読を始めた当初は、車で片道1時間くらいかかる図書館に2週間に1度のペースで通いました。

図書館に到着したら1時間~3時間程度は館内で多読本を読み、それから利用できる最大5冊を借りるというサイクルを繰り返しました。

片道1時間ですからね~、「5冊だけではもったいない!」と思ってました。

正直なところタダで済ませたいなら、時間をかけるしかありません。

近くにない、お金もない、で諦めるのではなく妥協できるところからアプローチしてみましょう。

ぺん太郎
ぺん太郎
近くに図書館ないし、時間がかかるのも嫌だよ~ってタイプはどうするの?
tomoko
tomoko
そういう方は有料サービスを検討してみましょう。

多読の有料サービス

英文多読の有料サービスは以下のものがあります。

多読本レンタルサービス
ブッククラブ
オンライン多読サービス
Polyglotsの有料プラン

多読本レンタルサービス

昔からあるサービスですが、英文多読用(主に語彙制限本)を郵送で貸し出ししてくれるサービスがあります。

残念ながら私は利用したことないので詳細は不明ですが月単位で有料会員になると、郵送で本を届けてくれます。

Parkside Book Clubさんとか、英文多読にもってこいのシリーズは一通りそろっていてよさげですね!

その他にも「英文多読 郵送」とか「英文多読 レンタル」で検索してみると情報が出てきますのでググってみてください。

ブッククラブ

東京住まいの友人が利用していたので知ったのですが、先に紹介した宅配レンタルではなく手に取って自分で本を選べて借りれるブッククラブというサービスもあるようです。

残念ながらこのサービスは、東京や名古屋などの大都市にあることが多いです。

また大人向けのクラブもありますが、主流は子供向けが多いようです。

こちらも「ブッククラブ」で検索してみると情報がでてきます。

オンライン多読サービス

オンライン多読サービスは、E-book(デジタル本)をネット上で読めるサービスです。

英語学習者向けに易しめから中級程度の本を提供していて、およそ月額1000円程度で利用できます。

レプトンリーディングファーム

レプトンリーディングファームは私も1か月だけですが利用したことのあるサービスです。

1か月1000円程度でデジタル本を読み放題可能でした。

読むだけでなく、実は音声も聞けるので多読と同時に多聴ことも可能です。

ターゲットが小学生のようで、HPも含め利用できる本も子供が気に入るようなものばかりなのが難点でしょうか。

本を読み始める前に、物語の中で使われている単語学習を事前に済ませるステップがありそれが面倒でした。

とはいえ1か月1000円でネットにつながる環境であれば学習できるので、まずはお金をかけず時間もかけずに多読をやってみたい!という方にはおススメしたい方法です。

eステーション

eステーションは多読の森などを運営している会社:コスモピアが提供する多読サービスです。

1か月900円程度で、読み放題聞き放題となります。

こちらは、実はオンライン英会話ネイティブキャンプの会員は無料で利用が可能です。

私はネイティブキャンプでカランメソッドをやっていた最中にこのeステーションを利用してました。

社会人対象を意識しているのかHPも蔵書も大人でも楽しめるものが、レプトンより多い印象でした。

ただしあくまでも中級レベルまでの蔵書が、残念なところです。

英検準1級や1級レベルは一切ないので、ここは要注意です。

まぁ、ここまでくると語彙制限本の枠を超えていろいろ手が出せるのでサービス提供の対象外となってもいい感じですが…。

ぺん太郎
ぺん太郎
語彙制限本ってちょっと子供っぽいから嫌だな~っていう人はどうしたらいいの?
tomoko
tomoko
この質問の答えるとちょっと記事な長くなるので、これはまた別の機会でお答えしますね!

Polyglotsの有料プラン

スマホアプリのPolyglotsはご存知ですか?

このアプリはネット上の英文記事を使って多読をしていくものです。

英語 ニュースで生きた英語力を習得 - POLYGLOTS

英語 ニュースで生きた英語力を習得 – POLYGLOTS
開発元:POLYGLOTS inc.
無料
posted withアプリーチ

Polyglotsには有料プランがあり、それを利用すると英文多読向けのラダーシリーズがアプリで読むことが可能です。

月額500円程度で利用可能です。

残念な点は、ラダーシリーズすべてが読み放題ではないことです。

ラダーシリーズの蔵書が少なすぎるので、あくまでもちょっとお試しで読をやってみたい方向けです。

語彙制限本を安く購入する方法

レンタルやオンラインのサービスはよく分かったけど、紙の本を購入したい場合は何かいい方法はないの?と思われるかたもいることでしょう。

この場合は中古本で探すか、Kindle本で買うくらいしか思いつかないです。

中古本ならAmazonあるいは、メルカリで購入ですね。

本を置くスペースもない人はやはりKindle本がベストな選択肢となります。

私の知人で、10万円近くお金をかけて一気に多読本を読み漁り、読み終わったら売りに出していた人がいました。

半額以上の値段で売れて、2年間で5万円くらいで学習できた計算になります。

まとめ

tomoko
tomoko
今日は英文多読についてもらう質問の中でトップの「お金をかけずに英文多読をするには?」で、まとめてみましたがいかがでしたか?

一番いいのは図書館を利用することです。

有料でもわずかな出費で利用できるサービスもあるので図書館利用が難しい場合は有料サービスの利用も検討してみましょう。

英文多読について、他にも疑問質問あるある方は問い合わせフォームから連絡してくださいね♪

関連コンテンツ